2012年07月04日

LA4日目

あれ、もう4日目??
早いなあ〜。くまこです。

勉強できる時間はあと少ししかない。何かを吸収して何かが出来るようになって帰らなければ。
せっかく勉強させてもらえるんだから。

帰っていつもどおりの生活〜じゃ意味ないもんね。
さあ、私に何が出来るか。



今日はこの子。


チャチャ.jpg

チャチャ〜!


散歩.jpg


蛇行して歩くからコレクション入れながら歩く。
コレクションに対する反応は良い。
悪いのは私の腕〜(苦笑)

リードを短めに持ってしまうので足にくっつきすぎて歩きづらい。
昨日言われていたのに…


歩いている人間をガン見しようとするけど行ったりほえたりはナシ。


もう1匹はコイツ。


ドミナント.jpg


ソイヤ。(一世○靡ではありません)

見た目かわいいし歩くのもお上手〜。
「ビューティフル!」とか声掛けられちゃうこの子なんだけど。

花火でテンパって鳴くし…


でもここでかわいそうね〜なんちゃ〜思いません。
パニックにならなくってもいい事を教えます。
人間に一番近いゲートにいるから更にドミナントになるのですね。
…と自分が見つけたかのように書いてますが(汗)
自分の犬がそうだったくせに思い出せず、STAFFさんに教えてもらい…


いい感じ.jpg


この通り。


ゲートに近くなくなるとちょっと落ち着きます。
ワサワサすると他の犬も落ち着かなくなりますので落ち着いていただきましょう。


さて午後はシェルター見学。

市の.jpg


こっちは市のシェルター。

シェルター.jpg


一般の人も.jpg


捨てられたときの状態など書かれてます。
そして一般人も入れるし、遊ぶスペースもあります。

一般の人もここに来て譲渡してもらうことが出来るんです。


入れないエリア.jpg


ちゃんとちょっとデンジャラスな犬は離してあります。

なにせ清潔だし色んな犬が一個の入れ物に…とかではないから
喧嘩も起こりにくい状況ですよね。


こっちは郡のシェルター。


犬は.jpg



やっぱり個別。こっちも一般人が入れます。

日本は閉ざされているなと強く感じます。
犬を見極められる人も少ない!

保護して譲渡して終わり、ではなくってその人に合った犬を
ちゃんとハンドリングややり方を教えて譲渡するっていう道をもっと
作っていけると良いですよね。

また捨てられたら意味がないし…

シェルター2.jpg


そして日本はもっと一般の人も保護犬の存在を知るべき。

保護犬って何?どこからくんの?
どうやって譲渡してもらうのか?

知らない人のほうが多いですよね〜??

私の知り合いで保護犬っていって一発で話がわかる人っていませんでしたよ。
そのくらい日本ではポピュラーじゃないんです。

手続きも煩雑。
買うのが当たり前〜になってますよね。

それじゃあいかんのですよね。


現在飼っている人は捨てないように、
これから飼いたいと思っている人にはその人にあった犬を譲渡する。

それが当たり前だけど理想ですよね。


そのために出来ることは何なんでしょう??


そしてドッグパーク。


ドッグパーク.jpg

これだけ広いと喧嘩は起きにくい(起きないじゃないですよ)

そしてよく見ると四角くないんです。
角がないことでそこに追い詰められる犬が出来ないんだそうです。


なるほど〜〜〜!


そしてドッグパークにいた変なおじさん…


へんなおじさん.jpg

この犬拾っちゃったんだけど??
知らない??的なことを皆に言ってます。

拾ったら普通ドッグパークに連れて来ないだろが〜〜


めっちゃ後追いしてましたからね、この犬。
たぶんコイツの犬なんでしょ。
捨てに来たってことです。

コイツの動向が気になって犬があんまり見れなかったっちゅうねん!
私の大切な時間を返せ〜!!


あ、この犬はドッグパークにいた人が保護するそうです。
大丈夫かな〜??


そして今日の夕食。


食べ物の.jpg

手前のが私の。
色やばくない??(笑)
日本にこんな色の食べ物はないので思わず買ってみました。
味は見た目ほど悪くないぜぇ〜。
でも結構飽きる味だぜぇ〜。
ちゅうことで辛いソースつけて食べてました。

あ、あれ買って帰ろうと思ってたんだった!忘れてた〜。


ホテルの洗濯機.jpg


ホテルにあるコインランドリー。

読めない…適当に使ってみました(爆)

ニックネーム くまこ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | LAアカデミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3197107
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック